読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

RE:START

16年勤めた会社を8月で退職し、9月に心臓カテーテルアブレーション手術を行った。

ずっと、ランニングを趣味としていたが、心房細動という心臓疾患が発症し、脈が通常の倍ほど打つようになっていた。この脈でマラソンを続けることは自殺行為だ、とある方から言われた。

心房細動の原因は加齢によるところが多いが、さらに困ったことに、仕事の内容が変わり、とてつもない重圧のため、血圧が跳ね上がり、上が200、下が100を超えるといった状態になった。

心房細動の大敵・高血圧。

毎日、静かな場所にいると、自分の心臓の鼓動が聞こえてきた。狂ったように、全くバラバラに鼓動する、自分の心臓の音が。

「このままだと…死ぬな」

ある日、そう思った。

仕事は僕にとって、生活のための手段であり、生きがいではない。命を削ってまで続ける意味は見出せなかった。

家族も、退職を勧めた。

50過ぎて仕事を失うのは本意ではないが、命には変えられないな…

また、生きがいであるランニングも失いたくなかった。もう以前のように、真夏に頭から水をかぶりながら、延々と走り続けるようなことはできないかもしれないが、たとえゆっくりでもいいから、もう一度、フルマラソンに挑みたい。

退職と手術を決意したのはそういう理由からだ。

僕の命を最優先に考えてくれた妻には心から感謝している。

昨日、立花岳志さんのブログ& SNS超入門講座というセミナーに参加してきた。立花さんのブログには2010年に出会い、そこでご本人が実践されていた、ランニングとレコーディングダイエットを知り、僕自身も実践、当時101kgだった体重が、1年で76kgまで減った。立花さんのブログには、人生を変えてもらったという思いがずっとあった。

そのランニングが生きがいとなったのだが、この心房細動問題から高血圧問題に至り、退職、心臓手術、という流れとなった。

ランニングは休止中だ。体重は83kgまで戻ってしまった。

でも、手術は成功した。

自分の心臓が、規則正しく、一秒に一回、打っていると感じた時は嬉しかった。

血圧も脈も、正常に戻った。

主治医の先生からも、軽度の運動の許可が出た。

昨日、立花岳志さんのブログ& SNS超入門講座というセミナーに参加してきた。

かつて、僕の人生の分岐点に立花さんのブログがあった。

もう一度、この分岐点で、今度はご本人の口からお話を聞いてみよう。

それがセミナーに参加した動機だ。

3行の日記でもいいから、とにかくブログを始めよう、と立花さんは言った。

だから初めてみようと思います!

そして、とにかく続けることが大事!とも言われた。

だから続けてみようと思います!