読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

80日ぶりの2kmランは心拍数に要注意!

本当に久しぶりに2kmだけ走ってきた。

 

7月3日に13kmを走って以来、心臓手術に向けてランを封印。

 

9月13日に手術。

 

10月13日、軽度の運動の許可を得る。

 

そして本日、10月23日、3ヶ月と20日ぶりに、約2kmを20分かけてランニング。

 

想像以上にカラダが重く、鉛のようであった。3km走るつもりを2kmに縮小した。

 

実は約1年前、ガーミン用の心拍計を購入し、計測したところ…。

 

なんと、軽く200を越えていた。お方さまとの軽いランでも180を越えた。

 

師匠に言わせれば、そんな数値は機械トラブルのはずで、もし正しいなら、走ることは自殺行為だ、とのアドバイスをもらった。

 

しかし、機械トラブルなんかではなかったのだ。

 

その1年後、僕は心臓カテーテル手術を受けた。

 

心拍数は現在、通常の範囲内になった。

 

さて、マフェトン理論によれば、運動時における心拍数は、180から年齢を引くのだが、僕の場合は手術を受けているので、さらに10引くように、と師匠からクギをさされた。

 

180-(52+10)=118だ。

 

最初なので、100を越えない範囲内で、3キロほど走るつもりでスタートした。

 

1年ぶりのガーミン心拍計。58とか、良識の範囲内の数値を示してくれるのが嬉しい。買ったばかりの頃は、平常時で80とか90だったのだ。

 

キロ9キロくらいで走る。想像以上にカラダが重い。鉛のようだ。

 

走りながらガーミンに表示される心拍計をみる。100を行ったり来たりで、このペースを持続すればよいのだが、いかんせん!カラダが重すぎる!

 

3キロの距離に危険を感じ、急遽、2キロに変更。

 

信号でも時計を止めないので、結局、2kmを20分かけて走る。

 

f:id:dietrunner:20161025075555p:plain

 

心拍数は100前後をキープ。1ヶ所、突出しているところがある。走りながら不整脈が発症しているのか気になるが、師匠は

 

「ノイズが出やすいので一瞬のピークは無視です」

 

とのこと。

 

 

f:id:dietrunner:20161025080449p:plain

 

とにかく、今は

 

① 心拍数は118を目途に

② 時間は30分

③ 疲れが残らない程度

 

のランを心掛けよう。

 

f:id:dietrunner:20161025080843p:plain

 

体重は0.1kg減。

 

 

f:id:dietrunner:20161025080945p:plain

 

ただし、きのうは京都に行き、学生時代の思い出のカツカレーを食べたため、摂取カロリーが多めだ。