読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

入院日記・2日目 前編 2016年9月13日火曜日 6:00〜14:50

日記

f:id:dietrunner:20161101155215j:plain

 

【入院2日目・前編】


ほとんど眠れなかった。同室の斉藤のジーサン、きのうが足の血管の手術だったみたいで、その傷が、痛〜い、痛〜い、と一晩中、うなっていた。


でも、それがなければ眠れていたか?


緊張がかなりあったから、結局は眠れなかっただろう。

 

「だいたい、なんで9月13日やねん!"9"は"苦しい"やから不吉な数字、"13"は西洋では忌み嫌われる数字やん!わざわざ、そんな数字が重なった日に手術することないやん!」


カテーテル手術で死亡、て記事はみたことないけど、術後、感染症の恐れがあるとこゆーて、同意書にサインもさせられた!コワイコワイコワイ!」

 

「『術後、ICUに入ってもらう予定でしたが、いっぱいでしたので、HCUに行ってもらいます』って言われてたのに、急に、『やっぱりICUになりました』ってなんでや?!とゆーことは、主治医の渡部先生が、「なに?あのデブ患者のICUが取れなかった?アカンアカン!あのオッサン、症状進行してるし!不安要素高いねん!ゼッタイICU取っといて!」て言いはったんちゃうん!とゆーことはオレ、危ないんちゃうん?!」


ネガティヴな思考ばかり、睡眠不足の脳ミソに浮かんでは消え、浮かんでは消え…。


「探さないで下さい」


の書き置きを残し、逃げ出そうかと、真剣に考えた。


僕の手術は4番目。("4"て!また、縁起ワル数字!)前の患者さんにどれだけ時間がかかるか正確には読めないけど、13時から14時くらい、と聞いていた。


10時ごろ、お方さま登場。


この日のメインイベントは、もちろん手術そのものだが、それに先立って、めっちゃイヤなイベントがある。それは…。


「おしっこ管の挿入!!」


ギエー!!考えただけでもイヤ!!


“くだ”を、尿道に差し込むんでしょう?!ぜったいイヤ!!


でもやらないわけにはいかない…


しかも、尿道セットを持って現れたのは、僕の下の毛を剃毛した、美人看護婦・梅野…。


なんでコイツばっかしやねん!女王様気質やから、ワザと痛くするんちゃうん!!


「手術は鼠蹊部の動脈を切ります。術後も出血の可能性があるので、オムツはいてもらうんです。だから、パンツぬいで、まず、このオムツをセットしますね〜」


またか!梅野よ、またおぬしは、それがしにオムツをはかせるなどという屈辱を味わわせるのか!!


まる出しチン◯コの腰を浮かせ、梅野の手で、尻の下にオムツをセットされ…。


いよいよおしっこ管の挿入。


「まず消毒しますね〜」


メンズの最も敏感な部分・亀頭に赤チンを塗り塗り。


「はい、入れますね〜。チカラ抜いて、口で息して下さいねー」


ぶすり。


ギャアアアアアアアアアアアアアアッッッッ!!!


イタイイタイイタイイタイイタイイタイーーーッッッ!!!


「チカラ抜いて下さい!、チカラ抜いて下さい!!」


ムリムリムリムリムリムリムリムリムリーーーーーッッッ!!!


「口で息して!!チカラ抜いて下さい!!」


ムリやって梅野ーーッ!!


「みんなやってるから!池田さんもできます!チカラ抜いて!!」


イタイイタイイタイムリムリムリムリムリーー!!


隣でジーサンの体温を計っていた、もう1人の看護婦が、


「お産みたい!お産みたいになってますよ!!」


ゲラゲラ笑うお方さま。


テメーら覚えてろバカにしやがってーーイタイイタイムリムリムリーー!!


「はい!風船ふくらませます!」

 

フーセンとか聞ーてませんイタイイタイイタイイタイー!!


尿道の奥で何かが膨らみ!僕の意思と関係なくおしっこがとめどなく溢れ出る感触があった!!


「はい。終わりましたー」


ハアハアハアハア…


12R戦い終えたボクサーのように灰になった…。


帰りぎわ、梅野が言った。


「心臓カテーテルアブレーション。受けないよりも、受けた方が、絶対に良いです。池田さん、立派ですよ。頑張って下さいね」


「梅野…。お前…。」


わけのわからない余韻を残し、梅野看護婦は退場した。


12時ごろ、姉が来てくれた。


姉は若い頃、いろんな病を経験し、50を越えて、やっと人生を謳歌できるようになってきた。


姉が早口でまくしたてる。


「あたしの友達のお父さん、70の時、胸が苦しいゆーて!病院いったら、即手術しないと死ぬ言われて!その日のうちにカテーテル手術やで!それからとゆーもの、その人、半年に1回くらい、カテーテル受けてて、日帰りで帰ってきてるらしいから!カテーテル手術なんか、アタシが受けてきた、カラダ切り開く系の手術と比べたら簡単や!!心配せんでええって!」


えー?!そーなん?!日帰り可、の手術なん?!それやったら安心や…


(ちなみに姉のこの言葉、真偽のほどは不明ですが、その数時間後に僕が受けたカテーテル手術は、とても日帰りでできるようなたぐいのものではありませんでした。僕の不安を取り除こうと、姉がワザとウソをついてくれたのかも知れません)


お方さまの従姉妹、寿子も、出勤前に現れた。


「トン兄ぃ、(『豚骨にいさん』、の略)顔変換アプリて知ってる?アタシと、東京のおばちゃんと、顔変換してん!もー、大爆笑やで!!」


お方さまも寿子のスマホをみながら大爆笑!お方さまと寿子も顔変換して大爆笑!!


僕もそれを見た。確かに面白いのだが、とても笑えるような心境にはなれなかった。でも、必死に僕を笑わせようとしてくれているこの人たちに、これまで以上に、深い愛情と感謝の念が湧いた。


朝1番に考えたことは、極めてネガティヴなことばかりだった。いま、僕を心配してくれているこの人たちによって、ネガティヴ思考は遮断されている。


FBを開く。見ず知らずの人もいる、友達。たくさんの友達が、同じように、僕にエールをくれている。


こんな時に、全然関係ない、面白投稿ができるのが、真にユーモアのセンスがある人間なんだろうな。でも、僕にはできなかった。


やはり心に不安がある。ユーモア投稿はさすがにできない。きっと、ジェームズ・ボンドなら、こんな状況でもイギリス小話のひとつでも披露するんだろうけど。


「池田さん。呼ばれましたよ」


14:40、梅野が来た。いよいよだ。


梅野が押す車椅子に乗せられる。そのまま、二階奥の手術室まではこばれる。


「付き添いの方は、このベンチにいて下さい。時間は、かなりかかると思います。もしお席を離れるなら、1人ずつ、離れてくださるようお願いします。誰か必ずいらっしゃってください」


手術室に入る直前。妻と姉が、精一杯の笑顔で、僕を見てくれた。僕も、精一杯の笑顔で返した。


そして、手術室に入った…。


【入院2日目・後編に続く】