読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

靴ハカセ・お方さまの「足まわり講座」No.1 「正しい足爪の切り方」

いつもはチャランポランド天然が売りのお方さまですが、裏の顔として、「一般社団法人 足と靴と健康協議会協議会」の資格であるシューフィッターの「バチェラーコース」に合格している上級シューフィッターです。

 

f:id:dietrunner:20161115151813j:plain

 

しかもその中から選抜される「初級シューフィッター実技指導員」に任命されています。関西には20名程度しかいません。

 

過去には経済産業省のお役人がお方さまの元に、

 

「食品におけるトクホ(特定保健用食品)のように、靴にもその種のカテゴリーを作りたいのだが、どうだろうか?」

 

と意見を求められました。

 

(ちなみに、お方さまの答えは、「足の形は1,000人いたら1,000人違うので、『この靴は良い靴です』と決めたところで、あわなければ意味がない」と、その企画を文字通り一蹴しました)

 

実は仕事人間のお方さま。寝ても覚めても、足と靴のことばかり考えています。

 

そんなお方さまが、ぜひ、当ブログを通じて足まわりについての情報発信をしたい!と申しますので、その声に耳を傾けてみましょう!

 

第1回目の今日は、正しい足爪の切り方です!

 

毎日、顧客の足を見ているお方さまは、足爪の切り方を知らない人の多さに嘆いています。

 

あなたはどんな足爪の切り方をしていますか?

 

爪の形って、丸まったイメージだから、両カドを切ってから、何となく弧を描く感じで切って…

 

という方が多いのですが、

 

足爪は、両カド切りはゼッタイにNG!

 

と覚えておいてください!

 

爪は、カドを落とすと、そのカドに向かって生えてくるという習性があります。

 

そのため、両カド方向に向かって、突き刺さるように伸びてきます。

 

カドを落とした部分の肉が、足指の裏からの圧で、上に盛り上がり、その盛り上がった肉に向かって、爪のカドが伸びていくので、刺さりやすくなる、というメカニズムで、爪が肉に突き刺さっていきます。

 

この症状が進んでしまうと陥入爪(かんにゅうそう)という状態になります。

 

両カド切ってますけど、陥入爪じゃありません!って方も多いとは思いますが、

 

陥入爪になる/ならないは、個人差があります。足指の肉質、足指の裏の圧のかかり方、肥満、など様々です。

 

特に肥満の方は、足指の肉も盛り上がっている方が多く、陥入爪になりやすい傾向にあるようです。

 

陥入爪になってしまうと…

 

①皮膚を突き破って爪が刺さる

②そこから菌が入って、

③化膿して炎症が起き、

④痛みが出ます。

やがて

⑤歩行も困難なほどの痛み

 

へと発展します。

 

さらに進行すると、肉が盛り上がり、肉芽(にくが)と呼ばれる症状になります。そうなると自然治癒はもう困難。皮膚科に行かれることをお勧めします。

 

長期間、肉芽の状態が続くと、肉芽が化膿し、汁が出て、皮膚がただれ、さらに爪が食い込み…

 

⑥最終的には手術をしなければいけなくなります。

 

 では、足爪は、どう切るのが正しいのでしょうか?

 

「横一直線に切れ!」

 

これを合言葉にしましょう!

 

もう少し丁寧にいうと、丸く切らずに、四角に切るイメージで。あまり短くしすぎるのもよくありません。

 

また、まっすぐに切るとカドが直角になります。この直角のとんがりが隣の指に当たって痛いので、とんがったところだけ、少しだけヤスリで削るのがいいでしょう。

 

 

f:id:dietrunner:20161115111057j:plain

 

以上のことに注意しさえすれば、少なくとも爪切りが原因の陥入爪は防ぐことができます!