読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

<史上初!女子お断り投稿!>〜ちょいエロおやじ、皮膚科に行く、の巻!〜

f:id:dietrunner:20161119120101j:plain

 

 

この投稿を読むことでぼくの人格を誤解されかねないため、女子のみなさんはお読みにならないでおくんなまし。

 

 

昨日のことなんやけど、ぼくね、皮膚科に通ってますねん。皮膚弱いしね。

 

 

行ってる皮膚科は八尾駅から歩いて5分もかからへんとこやし、いっつも歩いていきますねん。で、昨日も歩いてましてん。

 

 

ほんだらぼくの200mくらい前を歩いてる、スタイルのええ、若〜い女子が目には入りましてん。駅前やし若い女子はいっぱいおるんやけど、その女子は、

 

セーラームーン

 

とおんなじくらいの長さのミニスカートはいてはりますねん。靴下もセーラームーン的な長靴下ですねん。わかりまっしゃろ?膝上まで来てるやつですわ。

 

 

 

心斎橋とか梅田やったら多いけど、八尾にはあんまりいてへん格好やし、道行く八尾メンズはみんな振り返ってましてん。

 

 

 

ぼくももうちょっと見てたかってんけど、皮膚科に着いてしもうたし、しゃーないし病院はいりましてん。

 

 

土曜日やし、連休前やし、人気病院やし、めっちゃ混んでますねん!待合室のソファ、ギチギチ座ったら20人は座れますねんけど、ほとんど満席で、立ってる人もいるくらい!

 

 

で、受付して、立っとかなアカンかな〜思たら、よー見たら隅のほう、ちょっと席、空いてますねん。で、そこに強引にぼくのお尻をねじ込むように座って、ずーっと読んでる小説、読み始めましてん。

 

 

すると、また入り口のドアが開いて、新しい患者さんが入ってきはりましてんけど、その患者さん、誰や思います?

 

 

あの!セーラームーンですねん!

 

 

なんで?なんでぼくの前を歩いてたのに、ぼくよりあとから入ってくるん?
と思ったんですけど、例えば

 

 

⑴初めてで場所がよー分からんで通り過ぎてもた

 

 

⑵病院はいる前に買うとかなあかんもんがあったし、先にそれ買うた

 

 

など、理由はいろいろあるやろう。

 

 

はきだめに鶴、とはこのこと。セーラームーン以外の皮膚科女子患者はほとんどが

 

 

「油断しているオバちゃん」

 

 

ばかり!つまり、日々の暮らしの延長線上のいでたち、すなわち

 

 

①首がよれよれのTシャツ、

 

 

W浅野時代に流行ったようなストーンウオッシュ、

 

 

みたいな服装。

 

 

もちろん病院くるのにオシャレする必要なんかないし、「油断オバちゃん」もちゃんとめかしこんだらけっこうベッピンさんもおったはず。

 

 

でもその場のセーラームーンは、「太もも放り出しスタイル」で、皮膚科メンズの注目を一身に浴びながら、初診の時の問診票を、隅の方で、立って書いてはりました。

 

 

「うわ〜、近くで見たらめっちゃエロいやん…」

 

 

とチラ見しながらぼくは思うとりました。

 

 

と、その時!!ぼくは恐るべきことに気づいてもた!!

 

 

すでにソファは数人分、空きがあったけど…

 

 

ぼくの目の前の席が、空いてる!!

 

 

セーラームーンが問診票を書き終えたら、

 

 

ぼくの目の前に座る可能性が出て来た!!

 

 

イイ!!d(^^@)!!

 

 

んだか悪いんだか!

 

 

そして…

 

 

まさに!問診票を書き終えたセーラームーンは、迷うことなく、

 

 

ぼくの前に座りはりましてん!!

 

 

心臓がドッキ〜〜〜!!しましたで!

 

マジ、鼻の奥がツーン!ってきましたわ!

 

 

エロいもん見たら鼻血でるって、あれたぶんホンマですわ!

 

 

正直に言います!ぼくは、「見ました」!!

 

 

本、読んでましたけど、もう、そんなん、読んでられまへん!ぼく、「チラ見しました!!」

 

 

ピッタ〜〜と閉じた太ももは奥の方まで閉じてあって、パンツは見えませんでした!!

 

 

冷静に考えたら、あれはスカートではなく、スカートっぽく見せたキュロット的なものかも知れぬのお越後屋!!

 

 

その皮膚科ね、一度に3-4名の患者さんを、「中待合い」って場所に移動させるシステムなんで、さっきは満席やったけど、3-4人分、ソファは空いてましてん。

 

 

そやし、席によっては、前がオバちゃん、って席もありましてんで!そやのにぼくの前に座りはりましてん!

 

 

オバちゃん前に座ったよろしやん!ぼくの前に座るゆーことは

 

 

「見てもエエ」

 

 

ちゅーことちゃうん??

 

 

ま、まあ、これはちょっとストーカー的思考やわな。現在では、著しく公序良俗に違反しているとは言えない服装やし、それくらいの服を着る権利は若い女子にはあるし、その格好でどこに座ろうと女子の勝手です。分かってます。

 

 

分かってますけど、チラ見してまいますやんゼッタイ!!

 

 

なにはともあれ、「ガン見」してはいけない、とぼくの本能が告げておった!

 

 

「中年男性、皮膚科待合いでハレンチ視線でタイホ!」

 

 

の見出しが脳裏を掠めましたわ!

 

 

ぼくは必死に、読んでた本に視線を戻しました!意思のチカラを総動員して!

 

 

で、また3-4名、中待合いに呼ばれまして、ぼくの隣の席があきましてん。隣の席はちょうどソファの端にあたる部分で、お尻1個ぶん移動すると、日本人大好きの「端」に座れますねん、手すりも手に入るし。

 

 

ぼく、迷わずお尻1個ずらしました!「目の前超ミニスカ」な状況ってけっこうストレス!!

 

 

しばらくするとセーラームーン、席を立ちましてん。トイレ、行ってはった思います。

 

 

5分くらいしたら戻ってきはりました。

 

 

ほんでまたぼくの目の前に座りはりますねん!!

 

 

ええ〜〜〜〜!!??

 

 

え?え?ええ〜〜〜〜〜〜!!??

 

 

うっそーーーん??

 

 

これはドーユーコト??

 

 

オッチャン、もてあそばれてる?19歳くらいの女子に??

 

 

とにかく…

 

 

セーラームーンの整理番号はぼくの1個あとやから、中待合いに呼ばれたのも同じタイミングで、中待合いのソファでも、ぼくの真横にぴったりフィット状態で座られ…

 

 

過度なストレスに苛まれながらの、ジンマシンと水虫の治療前でした…